◆まず、これが建てた学校です
思ってたよりも立派な建物で驚いた!

IMG_9721
















◆なんで学校を建てたのか?
9歳のときに親父が事故でなくなって、高校、大学を
諦めたことがあったんだけど、おいらはラッキーにも
奨学金で大学までいくことができました。


これが第一の理由。

学生の時にバックパックでカンボジアに行き、バイクタクシーの
ナラットってやつと友達になりました。

彼は5カ国語話せるのに一日6ドルで働いていて、2週間くらい
ずっと一緒にいたんだけど、そいつがずっと「勉強したい」って
言ってたんだよね。

で、俺は勢いで「よしっ!ナラット、俺はいつか学校を建てる!」って。

これが第二の理由。

バイクタクシーのナラット君
00ajia27













詳しくはダイヤモンドオンラインさんに記事にしていただきました


◆学校の紹介
学校名 : Shree Araniko Lower Secondary School
場所   : ネパールの首都カトマンズから南西350キロほど
グーグルマップへ
生徒数 : 女子83、男子74
先生   : 8名(英語の先生は21歳!)
(日本から行くのに3日かかりました・・・)

学校までの道のり1 カトマンズからブッダエアー
ブッダエアーっていい名前だよね。
8000m級のヒマラヤ山脈もきれいに見えた!

P1010743
















P1020380


















学校までの道のり2
途中のルンビニ(ブッダ生誕の地)
ブッダの生まれた所にいたおっさんw
DSCN3107


















学校までの道のり3
牛牛牛!
このころには、もう牛にも慣れてる
IMG_9249
















学校までの道のり4 いたるところで崖崩れ
雨季は到達ほぼ不可だって。命掛ければ無理やりいけるかもね。
IMG_9307
















学校までの道のり5
ガードレールもミラーもなしで山を爆走
冗談抜きで手に汗握ったよ
P1020282



















学校までの道のり6 到着したゲストハウス 全景
嫌いじゃないよ。安宿にバックパック
P1010967


















学校までの道のり6 ゲストハウスのベッド 壁にはヤモリとか
ふとんつかったら身体かゆくなるに決まってる。。。
夜は虫のカサカサって音で何度目が覚めたか・・・・

P1010960


















学校までの道のり7 水シャワーとトイレと手を洗うバケツ
バンコクのカオサン90バーツの安宿のほうがきれいだな。。。
P1010963






















◆学校に到着!セレモニー!!

到着してびっくり!


さらっと学校を案内してもらうだけかと思っていたんだけど、なんていうか、
村を挙げてのセレモニー!って感じ。感動しまくり。

ジーンズでいっちゃったよ。あやうく短パンでサンダルで行くとこっだぜ。

学校の入り口にゲート作ってくれてた
「チーフゲストが到着でーす!」
IMG_9453
















会場まで花道を作ってくれて、みんなお花をくれた
「ナマステ」って100回は言ったね。入り口で
IMG_9471

















セレモニー風景 母と嫁と友人と
後ろには、村のお偉いさんに、ネパール王国の前大臣さんまでっ!
恐縮でっす。

IMG_9527
















集まってくれた生徒と村人
すんげぇ人来てくれてた。生徒だけで200人。
それ以外に200〜300人くらいいたかな。

IMG_9611

















オトナが歓迎の舞いをしてくれた
剣で悪魔を倒しましたの舞い
IMG_9619
















生徒のみんなが歓迎の舞いをしてくれた
日本とネパールが仲良くやっていけますようにの舞い
P1020095



















そして、ついに学校に備えてくれたプレートのお披露目
IMG_9577

















そのプレート
IMG_9689
















勉強してる(フリ)の子供たちw セレモニーだからねっ!
P1020062


















こちらは高学年。「Good morning Sir!」って、照れる

IMG_9692
















先生方
IMG_9932

















子供に囲まれて
思春期の高学年はなかなか一緒に写ってくれなかった
IMG_9796
















スピーチ。前日に原稿仕上げた
DSCN3457
















「今日、僕の夢がかないました。次はあなたの番です・・・・」

そんな感じ。
通訳してもらいながらだったけど、拍手してもらって泣きそうになった。


最後も花道で見送ってもらいました
IMG_9945
















村のみんなに送ってもらって、無事に帰国できました
IMG_9982
















◆今回お世話になったRTR(Room To Read)
RTRの説明はこちら
この9年間、ずっと学校を建てたいと願っていました。
寄付するだけならユニセフでもどこでもよかったんだけど
学校で一番大切なのは、建物というハードではなくて
教師や教科書などのソフト


ハード(建物)だけの寄付だけだと、結局現地に根付かず
机や窓ガラスが持ち去られて結局廃墟が残る。

そんな例をいくつも見ていたので、しっかりとしたソフト
提供ができる団体をずっと探していました。

寄付した内の何割が運営費で、何割が建設費なのか。

そういった、一般企業では当たり前の説明責任のある団体がRTRでした。

RTRのネパールスタッフ 左がラマちゃん、右がRTRネパール代表!
P1020312
P1020348











◆RTRに協力するには

寄付したり、広めたりいろいろあるけど、簡単にできるのは、
1.ツイッターで @roomtoread_jp をフォローする
2.ビール飲んだり、古本を売ったり。いろいろあるよ→ あなたにできること
肩肘張らずに、イベントのときにビール一杯につき100円とか。
そんなんでもいいのがいいよね。
さすが元マイクロソフト幹部が創設しただけある。


あ、ツイッターでフォローしてもらえれば、イベント参加する時
つぶやくので、一緒にいきましょー^^ @kubotat



◆ついでに寄ってきたよ

ネパールにただ行くのもいいんだけど、
二日旅程を伸ばしてタージマハールに行ってきました。

電車が6時間遅れたり、事故に巻き込まれたりいろいろあったけど
仕事仲間と家族、母と一緒にこんな旅ができることはなかなか
ないので、すんげぇ楽しかった。
IMG_0477

















◆最後に
学校寄付するのは28,000〜32,000ドルくらいです。
僕の場合は300万円くらいでしたが、今ならなんと250万円!
円高万歳!

みなさんもおひとついかがですか?